ピー・シー・エー(PCA)は、基幹業務クラウドサービス「PCA 会計 DXクラウド」「PCA 公益法人会計 DXクラウド」と、アール・アンド・エー・シー(R&AC)が販売する入金消込システム「V-ONEクラウド」とのAPI連携機能の提供を7月1日に開始した。

データ連携イメージ

 今回の連携機能では、PCA 会計 DXクラウドとV-ONEクラウド、またPCA 公益法人会計 DXクラウドとV-ONEクラウドの各サービス間で、入金消込業務にまつわる仕訳伝票のAPI連携が可能となる。ワンクリックで仕訳データを同期させることで、ファイルの取り込みや書き出しの手間を削減すると同時に、企業にとって重要な入金消込・債権管理業務の作業品質の向上を実現する。

 また、V-ONEクラウドで処理された入金消込データを会計仕訳データとしてPCAクラウドに自動連携できるようになるため、入金消込業務の効率化だけではなく、会計仕訳の作成・登録までを一気通貫で行うことが可能となり、仕訳の起票ミス削減など、経理業務の効率化も図ることができる。