日立ソリューションズは7月15日、米6Connexが展開する仮想空間クラウドサービス「6Connex Virtual Event Platform」の販売を開始した。展示会や説明会、セミナーなどのイベント会場を仮想空間上に構築し、非対面のイベントや商談の質向上を支援するサービスで、コロナ禍で急伸するオンラインイベント需要を取り込む。2020年に発売した仮想オフィスサービスに次ぐ「仮想シリーズ」商品で、23年にシリーズ全体で10億円の売り上げを目指す。
 
小山善直・ワークスタイルイノベーション本部本部長

 新サービスは多彩なテンプレートを活用し、「ロビー」「メインホール」「展示ホール」「ヘルプデスク」などの用途に合わせたスペースを組み合わせることで、オリジナルのバーチャルイベント会場を提供する。参加者に会場内を自由に歩き回るような体験をしてもらうことで、イベントへの没入感を高める狙いだ。テンプレートの利用によって短時間でスペースを開設できることも利点で、テンプレートの一部をアレンジしたり、独自のデザインを使ったりもできる。

 説明動画やカタログの掲示・配布のほか、ビデオチャットやオープンチャット、プライベートチャットにも対応し、参加者は主催者側や出展者側とリアルタイムでコミュニケーションを図ることもできる。