クラウド環境の運用自動化製品を提供するHashiCorp Japanは、オンラインイベント「HashiCorp Virtual Strategy Day」を7月15日に開催した。ゼロトラストセキュリティへの関心が高まっている中、同社ソリューションへの引き合いが増えていると説明。また、ベネッセグループによるDXへの取り組みが事例として紹介された。
 
花尾和成・カントリーマネージャー

 HashiCorp Japanは、マルチクラウド環境でのインフラ構築において、コードによる設定変更作業や履歴変更などができる「HashiCorp Terraform」、シークレット情報(トークン、パスワード、証明書や暗号化キーなど)を一元管理する「HashiCorp Vault」を主力商材としている。国内では、2018年から事業を展開している。

 国内では、ヤフージャパンなどのWebサービス事業者を中心に導入されている。最近では、ベネッセグループや横河電機などエンタープライズでの利用も増えているという。同社の花尾和成・カントリーマネージャーは「ゼロトラストセキュリティに取り組む企業からの引き合いが増えている。今後は、幅広い業種への定着を図るために営業を強化していく」と抱負を述べた。