鈴与シンワートは、メガクラウドと閉域で接続するサービス「S-Port クロスコネクト」を拡張し、「アマゾンウェブサービス(AWS)」をはじめ、「Microsoft Azure」や「Oracle Cloud Infrastructure(OCI)」への接続を8月18日に開始した。

S-Port クロスコネクト for 「AWS」「Microsoft Azure」「OCI」の概要

 企業・自治体でのICTの活用が進む中、メガクラウドの利用が増加。同時に従来のデータセンター内のIT基盤とメガクラウドをハイブリッドで構成するケースが増えつつある。そこで、鈴与シンワートではインターネットを経由しない閉域ネットワークでメガクラウドと接続し、高いセキュリティで安定したネットワークサービスの接続先を拡張することにした。

 これによってS-Port クロスコネクトは、アット東京のAT TOKYO Business eXchange(ATBeX)サービスを利用し、アマゾンウェブサービス(AWS)、Microsoft Azure、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)に対して、閉域で接続することが可能となる。

 S-Port ハウジングサービスやベアメタルサーバーをはじめとする同社サービスからメガクラウドへ、インターネットを介さず高セキュアで安定した閉域ネットワーク接続によってメガクラウドとS-Port内にあるシステムのハイブリッド構成を構築できる。

 また、各メガクラウドへの接続拠点として東京・大阪が選択可能で、DR構成にも対応している。