NECと九州大学の開発した「My-IoT開発プラットフォーム」が、東京都の「大学研究者による事業提案制度」に採択されたテーマ「AIとIoTにより認知症高齢者問題を多面的に解決する東京アプローチの確立」のエッジコンピューティングプラットフォームとして、エッジコンピューティング部分の開発を担当しているケアコムに採用された。9月に稼働を開始する。

My-IoT開発プラットフォーム

 My-IoT開発プラットフォームは、利用者自身がローコードで簡単にIoTシステムを構築してデジタル化の価値を検証し、新規ビジネス創出につなげることができる。ケアコムがMy-IoT開発プラットフォームを活用することで、認知症予防を実現するためベッドサイドと室内環境の情報収集を行うほか、通知情報と突合した行動を予測する。

 今後、データの蓄積と予測を強化し、セーフティマネジメントシステムの構築を目指す。