クラスフォックスは、ローコード開発ツール「Davix(ダヴィックス)」の提供を開始した。
 


 Davixは、クラスフォックスが独自に開発。ローコード開発ツールを自社開発している国内企業はまだ少ないが、同社ではDavixの仕様を熟知したエンジニアがクライアントの要望に応じて迅速・柔軟に対応した。予算や納期が壁となってDXの導入・推進が思うように進まない企業の課題解決をサポートする。

 主な機能として、API連携、IoT連携、決済機能(クレジットカード/PayPay/LINE Pay)、管理画面(複数レイアウトパターンをローコードで設定、レスポンシブ対応)、領収書・請求書などのPDF自動生成機能などを提供する。

 今後は、開発だけでなく設計、テスト(検証)の自動化やノーコード機能の搭載といったアップデートを重ね、さらなるコストカットを目指す。