塩野義製薬とグループ会社のシオノギデジタルサイエンス、日立製作所(日立)と日立のグループ会社である日立医薬情報ソリューションズ(日立医薬情報)の4社は、シオノギグループのIT業務に関する中長期的で戦略的なパートナーシップに向けた基本合意書を取り交わした。

 今回の戦略的パートナーシップでは、シオノギグループのIT戦略・企画とIT全体のガバナンスを強化するため、シオノギデジタルサイエンスの戦略・企画業務を塩野義製薬に、またITシステムの運用・保守と一部の開発業務をシオノギデジタルサイエンスから日立医薬情報に移管し、22年1月をめどに塩野義製薬が日立医薬情報に運用・保守と開発業務の委託を開始する。

 これに伴い、シオノギデジタルサイエンスのITシステムの運用・保守と一部の開発業務にかかわる従業員は日立医薬情報へ移籍し、日立グループが有するデジタル技術・ノウハウを利活用するなかで、継続的なキャリアアップを目指す。日立と日立医薬情報は、シオノギデジタルサイエンスから移籍する従業員とともに、シオノギグループのIT業務の一翼を担う。今後は、具体的な取り組みに向けて協議を進めていく。