サイバートラストと会津大学は、グローバルで活躍する人材育成を目指して連携する。会津大学では、2015年から「会津大学シリコンバレーインターンシッププログラム」として技術力や英語力の高い選抜学生をシリコンバレーに約三週間派遣し、イノベーションや創業に対する気質を醸成するプログラムを実施している。今回の連携の一つとして、サイバートラストはインターンシップの取り組みに協賛することで会津大学のグローバル人材育成を支援する。


 会津大学とサイバートラストは、19年に「国内インターンシップに関する協定・覚書」を交わし、インターンシップの実施などを通じて、Linux/OSSやIoTに関する技術交流と人材育成の取り組みを推進している。会津大学によるグローバル人材育成の取り組みは、OSS技術やIoT技術、認証・セキュリティ技術など、サイバートラストのによって次世代サービス向けプラットフォームや、国際基準に合わせたトラストサービスとも親和性が高い。そこで、今回も連携することになった。