電通国際情報サービス(ISID)は、同社のオープンイノベーションラボ(イノラボ)がKIDSと共同で企画・開発を手掛ける「幻肢痛VR遠隔セラピーシステム」が、21年度グッドデザイン賞を受賞した。

相手との位置関係を自在コントロールする仕組み(上)とVR空間における視界イメージ

 幻肢痛VR遠隔セラピーシステムは、離れた拠点にいる幻肢痛患者とセラピストが、同じVR空間内で位置関係や動作を共有しながらコミュニケーションをとることで、患者がセラピストを対面訪問しなくても、どこでもセラピーを受けられるようにする仕組み。

 現在、幻肢痛のリハビリを補助できるセラピストの数は全国的に少なく、患者の居住地域によってセラピーを受けるために、長距離の移動を要するケースも見られる。同システムは、一人のセラピストが遠隔地にいる複数の患者を同時に施術することが可能なシステムで、患者の居住地を問わず、多くのセラピーの機会を創出する。さらに、VR空間で患者同士がコミュニケーションを図れることから患者同士の横のつながりが可能となり、これまでにない関係構築をサポートする。

 イノラボでは現在、幻肢痛VRセラピーを患者向けに行うKIDSと共同で複数の幻肢痛患者の遠隔セラピーの実用化に向けた検証と多くの人にVRセラピーが届く仕組みを目指し計画を進めている。