ニュース

健康行動の促進・習慣化へ、OKIとコクヨがテレプレゼンスロボット活用のソリューションを検証

2021/11/05 11:00

 沖電気工業(OKI)とコクヨは、オフィスで健康性を高めるソリューションの共同検証を開始した。テレプレゼンス機能を搭載したスマート・ロボット「temi」にOKIが開発した行動変容エンジンを搭載。オフィスで働く人に語りかけを行うことで、こころとからだを整える健康行動の促進・習慣化を実現するオフィス向けソリューションの提供を目指す。

検証するソリューションのイメージ

 OKIは、健康行動の促進と習慣化を目指した行動変容技術を研究し、一人ひとりの生活習慣に応じた最適な健康行動の提案メッセージを提示する独自のアルゴリズムを開発。これを搭載した行動変容エンジンは、個人の属性や日常生活で取得できる行動データ、バイタルデータに行動科学や健康心理学の知見を掛け合わせ、適した提案メッセージの出力を可能とする。コクヨは、今後コミュニケーション補完ツールとしてオフィスへの導入が期待されているtemiを活用した健康増進ソリューションの企画を開始した。
  • 1

関連記事

沖電気工業 AIエッジの協業パートナー100社超へ ユーザーも巻き込んだ独自エコシステムを形成

有望市場に変貌する中小向けSI(後編)新興・老舗SIer、複合機メーカー系販社の三つ巴

複合機・プリンタ市場の激震(後編)プリンタの新しい可能性を追求 ニューノーマル時代の新需要を掘り起こす

外部リンク

沖電気工業=https://www.oki.com/jp/

コクヨ=https://www.kokuyo.co.jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>