ニュース

データ転送料金の削減とマルチクラウド環境への移行へ、クラウドフレアとオラクルが提携

2021/11/12 10:00

 クラウドフレアは、オラクルが不必要なデータ転送料の廃止を約束する最新のクラウドプロバイダーとして「Bandwidth Alliance(帯域幅アライアンス)」に加盟した。これによって、クラウドフレアのサイバーセキュリティ・ソリューションとオラクルのクラウド・インフラストラクチャーの両方を利用する企業は、Bandwidth Alliance非加盟のクラウドプロバイダーが請求する高額なデータ転送料金を回避でき、必然的にコストを削減することができる。
 


 18年9月に創設されたBandwidth Allianceは、共通の顧客に対してデータ転送料金(エグレス料金)の割引や免除を提供する、先進的なクラウドとネットワーク企業のグループ。現在、19社がパートナーとして参加し、法外なエグレス料金に悩まされる顧客に、最高のパフォーマンスと優れた費用対効果を提供するため協働している。Bandwidth Allianceのパートナー企業は、互いに協力することで、コスト削減の効果を顧客に直接還元できる。

 また、顧客はコンピューティングやストレージ、その他のクラウドサービスを選ぶ際、帯域幅費用を考慮する必要なく、複数のクラウドプロバイダーの中から最適な選択をすることができる。

 Oracle Cloudのインフラストラクチャーは、すでにネットワークサービスの低価格化を実現しており、顧客は比較的低コストで大量のデータを移動することができる。データ転送に関しては、受信は無料で、送信は地域ゾーンや製品SKUごとに最初の10TBまでは無料となっている。

 オラクルは、クラウドフレアとの共通の顧客に対して、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)Object Storageからのデータ転送のエグレス料金を無料にする。この取り組みによって、北米を皮切りにグローバルにサービスを拡大し、既存のクラウドサービスと比べてすでに低価格なデータ転送料金をゼロにすることを目指す。
  • 1

関連記事

クラウドフレアがAPACでセキュリティ調査、日本はゼロトラストへの取り組みで遅れを取る セキュリティ投資も消極的

進化するセキュリティ市場(前編)ネットワークセキュリティはゼロトラストへ 各ベンダーはSASEの提供に注力

クラウドフレア 需要拡大を見込みSASEの拡販に注力 リモートワークの増加でセキュリティ対策が変化

外部リンク

クラウドフレア=https://www.cloudflare.com/ja-jp/

おすすめ記事

 
 

『週刊BCN』デジタル版 無料進呈キャンペーン

無料会員登録で6号プレゼント!!【9/30まで】

× ◆無料会員登録はこちらから>>