ニュース

米キンドリルと米マイクロソフト、グローバル戦略パートナーシップを確立

2021/11/16 16:30

 米キンドリルと米マイクロソフトは、企業の顧客向けサービスで市場をリードする両社のケイパビリティを組み合わせるグローバル戦略的パートナーシップを交わした。このパートナーシップは、キンドリルにとって上場会社になって初めての取り組みであり、両社にとって数十億ドル規模の収益をもたらすことが期待されている。


 両社は協力してMicrosoft Cloud上に構築された最先端のソリューションを市場に投入し、ハイブリッドクラウドの採用の加速、アプリケーションやプロセスのモダナイズ、ミッションクリティカルなワークロードのサポート、顧客の業務のエクスペリエンスの向上を推進していく。

 長期的なパートナーシップにより、全ての業界をまたがって市場を広げ、新たな顧客を開拓できるようになる。また、長期的なパートナーシップは、リーダーであるエンタープライズ・テクノロジー・イノベーターと強固な関係を構築することにキンドリルが注力しているというスピードとコミットメントを示している。マイクロソフトは、キンドリルの唯一のプレミア・グローバル・アライアンス・パートナーになり、キンドリルがリードする5000億ドルのマネージドサービス市場にマイクロソフトのアクセスを拡大する。

 両社はともに、データのモダナイゼーションとガバナンス、業界向けのAIによるイノベーション、サイバーセキュリティとレジリエンシー、ミッションクリティカルなワークロードのクラウドへの変革の分野で、顧客向けのソリューションを市場に投入する。キンドリルは、複雑なハイブリッドIT環境に対してアドバイザリー、導入、マネージドサービスをリードしていく。

 さらに、今回の戦略的パートナーシップの中心となるのはスキル向上を目的とした顧客とプログラム向けの新しいソリューション構築に焦点を当てること。Microsoft Cloud上に構築する新しいケイパビリティを迅速に開発し、市場に投入するために協働イノベーションラボを設立する。マイクロソフトは、技術的な専門知識を強化し拡大するために、同社が提供する「Kyndryl University for Microsoft」を設立し、キンドリルの専門家たちのスキルをいち早く向上していく。

関連記事

日本マイクロソフト 代表取締役社長 吉田仁志

始まる固定電話の改革 通信キャリア系ベンダーが強い意欲 クラウドPBXでSaaS連携が加速

Microsoft Azureのデータマネジメント戦略 オープンソースに注力し、データ活用の内製化を重視する

外部リンク

キンドリル=https://www.kyndryl.com/jp/ja

日本マイクロソフト=https://www.microsoft.com/ja-jp

おすすめ記事