ピー・シー・エー(PCA)は12月21日、「PCA 会計 DX」とAI-OCRを活用したみずほ銀行のウェブサービス「みずほデジタルアカウンティング」がデータ連携したと発表した。

データ連携のイメージ

 現在、企業は多種多様な経営課題を抱えており、労働生産人口の減少や働き方改革などに対しては、ITシステムを活用した業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が求められている。特に経理部門は、紙の請求書や領収書などの精算業務で手作業での業務対応が多く残っている。

 今回の連携により、取引先から受領した請求書に記載されている情報をAI-OCRで文字データ化し、支払業務の銀行振込データとPCA 会計 DXで取り込み可能な仕訳データが作成されることで、会計業務の大幅な効率化を実現する。また、みずほ銀行のインターネット・バンキング「みずほ e-ビジネスサイト」と連携することで、各金融機関への振込業務の効率化も図ることができる。