EDGEMATRIX(エッジマトリクス)は、九州旅客鉄道(JR九州)が顧客に安心して利用してもらえる駅づくりを目的として実施する「駅改札口での映像解析AIなどを用いた実証試験」を共同で進める。

実証試験のイメージ

 今回の実証試験は、JR九州がAIや新しい技術の案内業務などへの活用など顧客の利便性向上、正しく鉄道を利用できる環境を整えることで、顧客に安心して利用してもらえる駅づくりを目指すもの。3月1日から8月31日までの期間、4駅で実施を予定している。

 試験内容は、運賃箱付近にきっぷ投影用カメラとモニター、改札上部にカメラを設置し、改札の利用状況をカメラ映像からAIで解析。改札口上部のカメラで撮影された映像から、顧客の姿勢推定などを行い、改札機や運賃箱の利用状況を測定する。

 EDGEMATRIXでは、「映像エッジAI」ソリューションとして「Edge AI Box」と「EDGEMATRIXサービス」をJR九州の実証試験に提供する。Edge AI Boxは、街や施設を見守るIPカメラ映像などを現場でAI処理し伝送できる屋内と屋外用小型デバイス。深層学習ベースのAIなどの高速計算処理をするGPUとWiFi/LTE/5G通信モジュールを搭載し、カメラ接続などの豊富なインターフェースを備えている。

 一方、EDGEMATRIXサービスは、現場設置の「Edge AI Box」、カメラ、AIアプリ、リモートアクセス、セキュリティなどを統合管理するプラットフォーム。デバイスの遠隔管理、設置場所を地図表示(マップビュー)する状態管理、現場からのAI処理済映像をブラウザーに多数同時表示する「エッジビュー」などのサービス管理、AIアプリケーションの配信・管理を行うことができる。