AIoTクラウドは、4月1日から施行される「白ナンバー事業者へのアルコールチェック義務化」に対応した「アルコールチェック管理サービス」の提供を3月下旬に開始する。

アルコールチェック管理サービス(イメージ)

 道路交通法改正により、安全運転管理者を選任している事業者を対象に4月から目視などによる運転者の酒気帯びの有無の確認と、その内容の記録、保存が義務化されるのに加えて、10月からはアルコール検知器を使用したアルコールチェックが義務化される。これにともない、白ナンバー事業者で広くアルコールチェック管理ニーズが高まることが予想されている。

 アルコールチェック管理サービスは、市販のアルコール検知器で運転者の酒気帯びの有無をチェックし、検査結果をスマートフォンアプリ経由でクラウドに送信・保管。アルコール検知器はBluetooth機能でスマートフォンと連動するタイプに加え、Bluetooth機能をもたないスタンドアローンタイプにも対応する。すでに導入済みのアルコール検知器の利用や複数のメーカーのアルコール検知器を組み合わせた利用も可能となっている。

 検査結果はクラウドで管理されるため、管理者は運転者が外出先で検査した結果を遠隔からリアルタイムに管理することができる。さらに、車両の利用情報と連携することで、車両予約の前後で正しくアルコールチェックが行われ、検査漏れがないことを簡単に確認することもできる。

 サービス利用料は、初期導入費が1万6500円/事業所、シンプルプランが月額330円/運転者、スタンダードプランが550円/運転者、プレミアムプランが990円/運転者。