Sansanは4月22日、名刺管理アプリ「Eight」をキャリアプロフィールに進化させたと発表した。キャリア情報を集約した「キャリアタブ」を新機能として実装したのが主な特徴。ビジネスパーソンのキャリア形成を一層後押しして、人材と企業のマッチングを加速させる。

 キャリアタブは、スキルアップに役立つ情報や企業の求人情報を職種ごとのタブで表示し、ユーザーの自発的なキャリア形成を促す。リリース段階では、名刺を交換する機会が多い営業のタブが利用できる。職種は順次追加される予定。

 Eightを利用する場合、名刺の登録が必要となるが、同社執行役員Eight事業部Eightキャリア&ソリューション部の小川泰正・部長は「名刺がなくても新規登録できる機能を開発しており、夏をめどに実現させるつもりだ」と説明。働き方が多様になる中、名刺を持たないユーザー層の取り込みも進めることが狙いとの考えを示した。