ソーラーウインズ・ジャパンは、ITインフラの性能やセキュリティ状況を監視し問題解決を図れるオブザーバビリティ製品「SolarWinds Hybrid Cloud Observability」の提供を開始した。従来主力としていたネットワークやサーバーの監視から機能を拡張し、問題の可視化や自動的な解決を行えるようにした。

 同社はネットワークを中心としたITインフラのモニタリング(監視)ツールを20年以上にわたり提供してきたが、新製品ではあえてモニタリングとは呼ばず、オブザーバビリティ(可観測性)を実現するソリューションだとしている。
 
米ソーラーウインズ スダカー・ラマクリシュナ CEO

 両者の違いについて、米ソーラーウインズのスダカー・ラマクリシュナCEOは「企業の環境にはネットワーク、データベース、アプリケーションなどが存在するが、モニタリングツールは個々の要素を監視する機能を提供するもので、事象の相関性を見出し、問題の根本原因を解決するのはIT部門のプロフェッショナルが行っていた。オブザーバビリティとは、システム利用者が相関性を自分で見出せるようにするもので、よりスピーディに問題を解決できるようになる」と説明する。また、新製品ではAIの活用により普段と異なる振る舞いの検知などが可能になっているという。