ニュース

ALSI、クラウド型経費精算サービス「BIZUTTO経費」がJIIMA認証を取得

2022/07/06 14:34

 アルプス システム インテグレーション(ALSI)は、クラウド型経費精算サービス「BIZUTTO(びずっと)経費」が日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)の「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」と「電子取引ソフト法的要件認証」を取得した。

JIIMA認証取得の概要

 企業は、JIIMA認証を取得したソフトウェア、ソフトウェアサービスを適正に使用することで、電子帳簿保存法(電帳法)に準拠して税務処理業務を行うことができる。ALSIは、このJIIMA認証取得により、安全で質の高いサービスを提供し、企業の電帳法対応と経費精算の電子化を後押ししていく。

 改正された電帳法(2022年1月1日施行)では、電子取引データの電子保存が義務化され、企業には法律遵守のための対応が求められている。ALSIでは今回、電帳法に対応しているBIZUTTO経費を顧客に安心して導入・利用してもらえるように、JIIMA認証を取得した。

 JIIMA認証制度は、市販されているソフトウェアとソフトウェアサービスが、電帳法の要件を満たしているかをチェックし、法的要件を満たしていると判断したものをJIIMAが認証する制度。

 JIIMA認証を取得したサービスを利用することによって、電帳法が要求している「スキャナ保存」「電子取引データ保存」のシステム要件を顧客が個別に確認する必要がなくなる。今後、経費精算サービスの導入・変更を検討する企業では、BIZUTTO経費を選択することで、電帳法への対応と経費精算業務の効率化を推進できる。

 BIZUTTO経費は、経費精算にかかる手間を削減するクラウド型経費精算サービス。交通費精算について定期券利用区間の自動控除や、会社の規定に合わせた日当金額の自動計算ができる。また、個人・法人クレジットカード/スマホ決済/交通系電子マネーなどの利用明細データからそのまま経費精算ができるキャッシュレス決済にも対応。入力の負担を軽減し、入力ミスを削減する機能が充実している。さらに、ユーザー数が増えるほどにお得な価格体系で、グループ法人なら合算して契約することができる。

 今年1月1日施行の電帳法に対しては、スキャナ保存と電子取引に対応しており、データ化された領収書や請求書をクラウドサーバーに保存する。保存した領収書などは、その保存と削除した場合の事実を記録しており、画像イメージと合わせて申請情報の確認が行える、利便性と正確性が考慮された仕様になっている。また、クレジットカードや電子マネーといったキャッシュレス決済の利用明細データも保存できる。

関連記事

ALSI、「SharePoint活用支援パック」をリニューアル

ALSI、企業の電子帳簿保存法への適応状況と経費精算の実態について調査

ALSI、情報漏えい対策シリーズの新バージョン「InterSafe ILP Ver.8.0」

外部リンク

アルプス システム インテグレーション=https://www.alsi.co.jp/

「BIZUTTO経費」=https://portal-keihi.bizutto.com/

「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証制度」=https://www.jiima.or.jp/certification/denchouhou/

「電子取引ソフト法的要件認証制度」=https://www.jiima.or.jp/certification/denshitorihiki/

おすすめ記事