ニュース

Tenable Network Security Japan 主力製品を日本語化対応 国内のビジネス戦略を発表

2022/07/28 09:00

週刊BCN 2022年07月25日vol.1932掲載

 脆弱性管理ツールを提供する米テナブルネットワークセキュリティの日本法人Tenable Network Security Japanは7月13日、国内のビジネス戦略を発表し、製品の日本語対応や事例公開などを通じて認知度拡大に注力する方針を示した。

 日本語対応したのは、クラウド型脆弱性管理サービス「Tenable.io」と「Active Directory(AD)」に潜むリスクを可視化する「Tenable.ad」、OT環境の脆弱性管理や脅威を検出する「Tenable.ot」の3製品。貴島直也カントリーマネージャーは「当社の製品は英語での提供のみだったが、日本市場により注力するためローカライズした」と述べた。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

Tenable Network Security Japan 用途に合わせた脆弱性対策を提供 貴島カントリーマネージャー「国内の取り組み遅れ」を指摘

外部リンク

Tenable Network Security Japan=https://jp.tenable.com/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>