ニュース

アカマイ・テクノロジーズ マイクロセグメンテーションで不正通信を制御 ランサムウェア被害を防止できる新製品

2022/08/04 09:00

週刊BCN 2022年08月01日vol.1933掲載

 アカマイ・テクノロジーズは7月25日、マイクロセグメンテーション技術を利用したセキュリティ製品「Akamai Guardicore Segmentation」の提供を開始した。端末の通信状況を可視化し制御することで、ランサムウェアによる被害拡大を防げる点を訴求する。伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)、ラックと戦略的提携を結び、販売することも明らかにした。

 Akamai Guardicore Segmentationは、米Akamai Technologies(アカマイ)が2021年9月に買収したイスラエルのGuardicore(ガーディコア)の製品「Guarcicore Centra Security Platform」を名称変更したものだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

三つの柱でインターネット上の課題を解決する

外部リンク

アカマイ・テクノロジーズ=https://www.akamai.com/ja

おすすめ記事