米Broadcom(ブロードコム)とSB C&Sは7月28日、ブロードコムが2019年に買収した米Symantec(シマンテック)の法人向けセキュリティ製品事業について記者説明会を開催した。SB C&Sはブロードコムの認定アグリゲーターとしてシマンテックの専門チームを発足し、国内での営業やマーケティング、サポートをメーカーに代わり担うとした。買収後、価格やライセンスルールの変更などで混乱を招きユーザー離れが指摘されてきたが、SB C&Sを中心とした販売体制を整えたことで国内ビジネスの推進を図る。
(岩田晃久)

 老舗セキュリティベンダーであるシマンテックはエンドポイントセキュリティを中心に製品を展開、国内でも多くの企業で利用されてきた。ブロードコムの買収後は、情報発信が十分に行えなかったこともあり、ユーザーやパートナーに混乱を招く事態となっていた。
 
SB C&S 山田尊則 部長

 SB C&SのICT事業本部ネットワーク&セキュリティ推進本部の山田尊則・N&Sソリューション販売推進統括部販売推進2部部長は、エンドポイントセキュリティ製品の販売実績を紹介。買収直後の20年度は「非常に苦しいところあった」とし売り上げが減少したものの、21年度は横ばいとなり「現在はネガティブな要素が底をついたと考えている。今後は攻勢に転じる」と力を込めた。