ニュース

IWIとPKSHAがカード不正利用検知サービスを共同開発、データシェアとAI活用で精度向上

2022/11/10 16:00

週刊BCN 2022年11月14日vol.1946掲載

 インテリジェントウェイブ(IWI)とPKSHA Technology(PKSHA)は11月1日、クレジットカードの発行会社間で不正利用データをシェアできる「FARIS共同スコアリングサービスPowered by PKSHA Security」を発表した。カードの不正利用が疑われた際、AIが「不正である確率の高さ」を数値化(スコアリング)し、そのデータを利用企業間で共有できる。他社で起こった不正の疑いも学習用のデータとして活用できるため、業界全体で検知精度の向上が期待できる。両社は2023年6月の本番稼働に向けて、カード業界への訴求に努める考えだ。

 サービスはIWIのカード発行会社向け不正検知技術と、PKSHAが展開する不正検知AIサービス「PKSHA Security」を組み合わせた。スコアリング自体は以前から行われてきたが、個社で検知した手口しか学習できず、巧妙化する手法への対策には限界があったという。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

インテリジェントウェイブ 次世代ファイル無害化に注力 マクロ機能を生かしつつ脅威を排除

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>