ニュース

サイバーセキュリティクラウドがAWS環境の保護で富士ソフトと提携 マネージドセキュリティ事業を強化

2024/02/15 09:00

週刊BCN 2024年02月12日vol.2002掲載

 サイバーセキュリティクラウド(CSC)は2月5日、記者会見を開き、「Amazon Web Services(AWS)」環境向けのマネージドセキュリティサービス(MSS)「CloudFastener(クラウドファスナー)」を軸に、MSS事業を強化すると発表した。富士ソフトと包括的業務提携を結び、CloudFastenerの共同開発に取り組むことも明らかにした。

 CloudFastenerは2023年10月に提供を開始したセキュリティ運用サービスで、クラウドの設定状況を確認する「Security Hub」といった、AWSのサービスとして提供されているセキュリティ機能から取得できるログ情報などをモニタリングする。不正な設定やイベント、脅威情報を検知した場合、是正・復旧を専任チームが支援する。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

サイバーセキュリティクラウド、紹介パートナー制度を新設 全国の中小企業でWAF導入を目指す

外部リンク

サイバーセキュリティクラウド=https://www.cscloud.co.jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>