ニュース

生成AIの活用でDB領域での強み発揮へ、日本オラクルがイベントで方針を説明

2024/02/19 14:25

 日本オラクルは2月14日、都内でイベント「Data&AI Forum」を開催し、同社の生成AIに関する戦略を説明した。生成AIによる業務効率化や生産性の向上といった価値を最大化するために、データベース(DB)の領域で強みを発揮し、企業が保有する独自のデータを生成AIが参照できる仕組みを構築することで、回答精度を高めるとした。また、ユーザー企業が業務に合わせて最適な大規模言語モデル(LLM)を選択できるようにする方針を示した。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  • 1

関連記事

米Oracle、OCIの生成AIサービスの提供を開始 RAG搭載のエージェントも発表

AI時代を見据えたクラウドの現在地 第1回 激化する競争を勝ち抜くのは誰か 大手ベンダーの成長戦略を探る

【2024年 新春インタビュー】日本オラクル 企業ITの「レジリエンス向上」を支援

外部リンク

日本オラクル=https://www.oracle.com/jp/

落合陽一×HPE田中泰光対談企画

日本企業がテクノロジー活用で競争力を発揮するためには何が必要か?

× こちらから>>