力強く一歩を踏み出す

西田公一 社長
 情報サービス産業のパラダイムシフトが起きている。2010年を振り返ってみると、われわれSIerが期待していたほどには、業況が十分に回復しなかった。2011年は、日本経済全体の緩やかな成長に伴い、情報サービス市場の伸びも多少はプラスに転じるものとみている。だが、その中身は、クラウドコンピューティングや中国・ASEANをはじめとする新興国への対応、新規事業の立ち上げなど、大きく変化している。

 システムやソフトウェアの開発案件では2011年、より多くの領域でクラウド型のサービス形態へとシフトし、また、ユーザー企業や国内SIerは、新興国への進出をこれまで以上に加速させていくだろう。ビジネスモデルの変化に伴い、われわれベンダー側も新しい商材の創出、新しいビジネスの構築を迅速に行わなければ勝ち残れない。

 まずは、当社が強みとする金融や通信業向けSIビジネスをより強化していくつもりだ。独立系SIerとしてトップクラスの優位性を確保し続けたい。ただ、これだけではダメで、提案型ソリューションを大幅に増やし、組み込みソフト領域もテコ入れする。さらにクラウド型の自社開発の業務アプリケーションの種類を拡充し、中国へ進出している当社顧客のIT支援体制も増強する。独自の業務アプリでは、住宅業向け販売支援やグループウェア、BI(ビジネスインテリジェンス)などで、力強い一歩を踏み出していきたいと考えている。