厳しすぎる規制(セキュリティ対策)は、結果的に「安全過ぎる」環境を提供することになり、そこで生活・活動する人や組織を弱体化させてしまう。セキュリティ対策で守られている安全な環境に慣れてしまうからだ。これは「引きこもり」や「ガラパゴス」といった閉ざされた環境に通じるものがある。