札幌市に本社があるSOCは、福島県と東京都に支社を構えている。支社は顧客ニーズに応えるためにあるのだが、朝倉幹雄・代表取締役会長は「いずれは支社をなくしたい」と語る。支社の業績が悪いわけではない。案件が減っているわけでもない。北海道に社員を戻し、北海道で活動することで、北海道のIT産業に貢献したいという気持ちがあるからだ。そこで同社が注力しているのは、ニアショア開発の受注。さらには海外の案件も受けられる体制を目指している。(取材・文/畔上文昭)