ネットワーク・セキュリティ販売会社のジェイズ・コミュニケーションを中核とするグループ会社4社の純粋持株会社であるセグエグループは2016年12月、JASDAQ市場に上場した。同社は、ITインフラやネットワーク・セキュリティなどの製品に関する輸入、販売、構築、運用、保守サービスを一貫して提供してきた。ここ数年、既存ビジネスにプラスする形でコンサルティング、設計構築などを行うプロフェッショナルサービスといった役務提供型のサービスや、自社開発製品などに力を入れグループ全体を変革させてきた。上場を機にそれらを加速させる。連載第一回目は、愛須康之社長にグループ全体の事業戦略を聞いた。(取材・文/谷畑良胤)