知的労働を基礎とするIT業界は、働き方を見直すことによって、短時間で成果を上げることが可能である。ところが、納期が迫ると徹夜の作業が強いられるなど、理想と現実が乖離しがちで、IT業界で長らく続くエンジニア不足の要因の一つとなっている。そこで、働き方改革である。日本情報技術取引所(JIET)は、「働き方改革委員会」を発足。会員向けに働き方改革の啓発活動に取り組む。(取材・文/畔上文昭)