アクロホールディングス(小野賀津雄・代表取締役CEO)は、非常にユニークなグループ経営をしているSIerである。昨年度(2018年12月期)連結売上高は145億円で、中堅規模にもかかわらず、決算上の連結子会社は27社、過半数出資などで連結対象になり得る会社までを含めると36社の大所帯。これに持ち分法適用会社を加えると50社規模になる。それぞれのグループ会社の自主独立経営を尊重し、ITを軸とした多種多様なビジネスを展開。「緩やかな連合体」を組むことで、変化適応力と競争力を高めている。