日本が誇るSIer。これまではアベノミクスや東京五輪などの影響でユーザー企業の投資意欲が強く、人手不足が深刻になるほど多くのSI案件が動いていた。しかし、新型コロナウイルスの感染拡大による未曾有の経済危機の可能性も指摘される中、次の一手をどうするべきかを早急に考えなければならない状況となった。SIerのトップに改めて“SI論”を問う。

 確たる強みがある自社商材を持ち、財務的にもさまざまなリスクに耐え られる強靭な体質にする。日本ソフト開発の蒲生仙治社長は、これを「小 規模大企業化」と呼び、経営方針の柱に掲げる。現在の成長を支える業種 特化型のクラウドサービスやIoTソリューション、ビッグデータ処理システ ムなどは生みの苦しみを経て日の目を見た。“SIerのビジネス変革”を口に するのは簡単だが、やり遂げるには経営者の覚悟が不可欠だという。(取材・文/本多和幸)