機械学習の手法の一つで従来の機械学習の発展形でもある。第3世代のAI(人工知能)とも言われる。人間などの生物が経験から学習するように、AIにデータを与えることで自律的に「学習」させ、高精度な認識や推論を実現する。

 ディープラーニング(DL)では、人間の神経細胞(ニューロン)の構造に着想を得たアルゴリズム「ニューラルネットワーク」(NN)を多層構造化することで、タスクを実行するための論理となる「モデル」の精度を大幅に高めている。