IT業界が振り返るべき平成の30年と、幕を開けた「令和時代」への期待

  • vol.08

    量子コンピューターは令和時代に間に合わないかも

    デジタル回路を用いたコンピューターよりも、より高速な計算処理を可能にするとして、令和時代での普及が期待される【量子コンピューター】。まずは、簡単に量子コンピューターの定義を紹介したい。

  • vol.07

    ビッグデータがIoTとAIで市民権を得る

    動画やデジタル写真が手軽に扱えるようになると、地球上に大量のデータが生成されるようになる。

  • vol.06

    クラウドサービスの基本は「iPSサービス」

    インターネットを示す図に「雲」のようなものを用いることが多かったため、その向こうにあるサービスを【クラウドサービス】と呼ぶようになる。また、クラウドサービスは、「購入」から「利用」に変わるため、【as a Service】が使われるようになった。

  • vol.05

    三文字頭字語は平成ITの象徴となる

    IT用語は基本的に英語であり、国内でもそのまま使用する。そして、IT業界に限ったことではないが、IT用語の多くは頭字語(略語)を用い、特に三文字頭字語(三文字略語)が多い。

  • vol.04

    システム開発の手法が多様化

    伝統的なシステムインテグレーション(SI)は、【ウォーターフォール型】と呼ばれる開発手法で進められてきた。ユーザー企業でのヒアリングから始まる上流工程から、納品までの下流工程へという作業が流れを滝(ウォーターフォール)に例えたのである。

  • vol.03

    西暦2000年問題から続く20xx年問題は「崖」に

    西暦が1900年代から2000年代に変わるに当たり、システムにトラブルが発生することと、その対応を示した【西暦2000年問題(Y2K問題)】。

  • vol.02

    インターネットは平成時代の象徴

    電気やガス、水道と同様に、情報が手軽に活用できるようになる。黎明期のインターネットは、このように説明されることが多かった。

  • vol.01

    ダウンサイジングでオープンシステム全盛期に

    1950年に登場する【汎用機(メインフレーム)】により、顧客ニーズに合わせてシステムを開発するという“電算化”のビジネスがスタート。