「九州・沖縄」の関連記事一覧

2021/11/04

2021/10/29

  • KeyPerson

    OSK 代表取締役社長 橋倉 浩

    大塚商会の研究開発集団として発足したOSKは、これまで37年にわたってソフトウェアを通して企業の変革を支えてきた。3月には、取締役兼常務執行役員R&D本部長だった橋倉浩氏が社長に就任し、主力商材である「SMILE Vシリーズ」のサードパーティー連携の拡充などを進めてきた。

2021/10/04

2021/09/21

  • ニュース

    全庁的なDX推進へ、サイボウズと北九州市が連携協定

    今回の協定は、北九州市の全庁的なDX推進の実現に向けて業務アプリ開発プラットフォーム「kintone」を活用し、その有効性を検証するとともに活用成果を発信することを目的としたもの。この協定を契機として、行政サービスのあり方をデジタル技術を活用して見直し、市民誰もが一人ひとりのニーズにあったサービスを最初から最後までデジタルで受けることができる、新しい価値を提供する市民目線の「デジタル市役所」の実現を目指す。

2021/08/30

  • ニュース

    さくらインターネット、九州工業大学と産学連携で包括協定

    さくらインターネットと九州工業大学は8月30日、産学連携に関する包括連携協定を結んだ。両者はこれまでにも学生教育などで協力してきたが、関係をさらに発展させ、人材の相互交流やインターンシップの実施、施設・研究資料の相互利用などの領域で連携体制を構築する。学術の発展や新技術の創出、社会をリードするIT人材の育成を目指す。

2021/08/27

  • KeyPerson

    NTTコムウェア 代表取締役社長 黒岩真人

    NTTコムウェアはNTTドコモとNTTコミュニケーションズと密に連携し、法人向けITビジネスを強化する。NTTコムウェアのソフト開発力とNTTコミュニケーションズの持つ固定回線と法人営業力を活用することでドコモを総合ICT企業へ変革させるNTTグループの戦略の一翼を担う。今年6月にトップに就任した黒岩真人社長は、すぐさま組織改編に着手。ドコモとの連携をもとに新しい商材を生み出す「ビジネスインキュベーション本部」と、NTTグループとの連携を強化するための「NTT IT戦略事業本部」を立ち上げた。持ち前の大規模アジャイル開発の能力をフルに生かしてビジネスを伸ばす。

2021/04/30

  • KeyPerson

    豆蔵デジタルホールディングス 代表取締役社長 中原徹也

    豆蔵デジタルホールディングスは、豆蔵グループ中核事業会社の豆蔵とハードウェア設計を強みとするコーワメックス、ERP導入のエヌティ・ソリューションズの三つの事業会社を束ねる中間持ち株会社として4月1日付で事業をスタート。ハードとソフトの両方に強みを持ち、ハードと密接にかかわる自動車や産業用ロボットなどの分野を重点的に開拓していく。

2020/09/04

  • KeyPerson

    NTTコミュニケーションズ 代表取締役社長 丸岡 亨

    固定電話がIP網に移行する2024年は、NTTグループにとって大きな節目となる。長距離電話を収益の柱の一つとしてきたNTTコミュニケーションズは、クラウド基盤を支えるデータセンターやネットワークセキュリティ、日系企業の海外進出支援といった伸びしろの大きいビジネスに軸足を移す。

2020/09/03

  • その他

    MF KESSAI ファクタリングサービスで地銀とタッグ

    マネーフォワードグループのMF KESSAI(冨山直道社長)は、福岡銀行と、売掛金資金化(2者間ファクタリング)サービス「MF KESSAI アーリーペイメント」の実証実験を進めている。既存金融機関の従来の融資サービスでは対応が難しかった中小企業の資金調達ニーズにMF KESSAI アーリーペイメントが合致するかを検証する。

2020/08/21