衛生面が気になるアジア地域では、口に入れるものに気をつけるのが鉄則。食事は生ものを避け、飲料は氷抜き、水は必ずミネラルウォーターを使用することはあたり前。お腹の弱い私は、歯磨きのあと口をゆすぐ際にもミネラルウォーターを使うほど徹底しています。

 しかし、いくら注意してもダメなときはあるようです。今週、ミャンマーのIT事情を探るために、最大都市ヤンゴンに出張していたのですが、不覚にもお腹を壊してしまいました。原因は不明。ただ、幸いにも現地の飲食店で、親切なスタッフが薬をゆずってくれたおかげで、回復に向かっています。

 仏教の価値観が浸透しているミャンマーの人たちは、素直で真面目、責任感が強いなどの国民性をもち、親日国でもあることからIT業界ではオフショア開発の委託先として注目されています。軍事政権が終わった2011年時点では約50社だったミャンマー日本商工会議所(JCCM)の会員数は、現在、約320社まで増加。急速に変貌する同国でのビジネスチャンスを模索しています。(上海支局 真鍋武)

【記事はこちら】
GIC、ミャンマーの2都市で就職フェアを開催
メールマガジン「Daily BCN Bizline 2016.10.28」より