今や、女性の社会進出は珍しいものではなくなりましたね。我が社の新入社員の顔ぶれを見ると、男女同数、ときには女性のほうが多い年もあります。働く権利は性別に関係なく平等にあるという意味で、「男女平等」という言葉を耳にすることは多いのではないでしょうか。

 先日、女性の口から「男女対等」という言葉を聞き、どきりとしました。「対」とは反対の関係であることを指しますので、男女が反発しあっているのかと勘違いし、どきりとしたのですが、後々調べてみると「対等」とは相対する双方の間に優劣・高下などの差のないことを意味していました。

 ビジネスの世界で「男女対等」と言った彼女はその言葉の中に、成功も失敗も性別によるものではなく、自分に起因するものだという意味を含ませていたのだと思います。颯爽としていて、とても格好のいいビジネスパーソンでした。(山下彰子)