先週は、Dell EMC World 2017の取材で、ラスベガスに出張しました。ラスベガスというと、エンタープライズ系、コンシューマ系を問わず、多くのITビジネス関連イベントが開かれる街として日本でも有名です。大型ホテルと大規模なコンベンションセンターが多いというのが主な理由でしょうが、米国内の大小さまざまな企業が、年度初めのキックオフ・ミーティングなどを開催することも多いようです。

 「仕事だから」という大義名分の下に非日常を味わうことができる街に出張し、羽目を外すことができるのは、米国のビジネスパーソンにとっても魅力なのかもしれません。「ラスベガスは、日本でいえばバブル期の熱海のようなもの」とおっしゃる方もいて、なるほどと納得したような、しないような……。(本多和幸)