中国広東省深セン市は、ハードウェアのスタートアップ企業が集積していることで有名です。中国国内で開催される展示会に行くと、今までに見たことのない製品を披露している深センの企業を数多く見かけます。

 そのなかで、2006年に創業したDJIは、小型無人機「ドローン」を手がける世界最大手の企業に成長しました。現在、ドローン市場で世界シェアの7割を占めているそうです。

 各調査会社の調べによると、日本国内では、ドローンを産業に活用する機運が高まっており、市場規模は今後数年で大きく伸びるとみられています。こうした動きを見据え、DJIの日本法人は、産業用ドローンとカメラの有効性を実証し、日本国内で説明会を開催しました。詳細は記事をご覧ください。(上海支局 齋藤秀平)