最近の大学生はスマートフォンでレポートを書くといいます。これまで私の周りではそんな人を見たことがなかったので「いったいどこの話だろう?」と不思議に思っていました。

 ところが、4歳年下の大学の後輩がまさに“スマホ派”の人種だったのです。衝撃的なのは、レポートだけでなくサークル活動でのイラスト制作でもスマホを使っていることでした。小さい画面で拡大縮小を駆使しながら、タッチペンではなく指でキャラクターを描き上げる様はまさに職人技です。そのほかにも、メールを含めたコミュニケーションやコンテンツ制作も全てスマホ。少なくとも、私がPCでやっているような作業はスマホで代替できそうです。

 うわさで聞くだけでなく実際に目にすると、今後こういった「スマホさえあれば何でもできる」人がどんどん増えてくるんだと実感します。新しいテレワークの形態として、スマホを駆使した「テレフォンワーク」なんてものも誕生するかもしれませんね。(銭君毅)