3月から始まった5G。4Gと比べて、高周波の電波を利用する5Gは電波の飛距離が短いといいます。その分、日本全国を5Gエリア化するには非常にたくさんの基地局を立てる必要があり、4Gの時点で建設地がギリギリの状態だといわれる中で、さらに多くの5G基地局を立てるとなると膨大なコストと時間がかかってしまうことが課題になっていました。

 そこで、総務省が推進しているのがインフラシェアリング。複数の通信事業者が基地局資産を共有することでエリア化に必要になるコストを削減しようという施策です。

 実際に動き出したのがKDDIとソフトバンクです。昨年から基地局建設に関わる実証実験を共同で行い、今月には合弁会社を設立すると発表しました。その名も「5G JAPAN」。主な事業は、地方の5Gエリア化だといいます。

 この両社が手を組んだことで、「5Gネットワーク網の早期展開」という点でNTTドコモ対KDDI・ソフトバンクという構図が出来上がったように見えます。今後も、5Gを巡るキャリア各社の競争が激化しそうです。(銭君毅)

【記事はこちら】
KDDIとソフトバンク 地方の5Gネットワーク構築を加速 合弁会社「5G JAPAN」設立