建築・建設は、深刻な人材不足が慢性的に続きながらもデジタル化が進んでいない業界の一つといわれています。職人の高齢化と求職者の減少のダブルパンチで、教える人材と教わる人材の両方がいない、ひっ迫した状況を生んでいるということです。

 一方で、その業務内容でもアナログと紙を中心とした煩雑な事務作業が少ない従業員に重い負荷をかけているといいます。手書きの報告書やファクスによる情報伝達などが残っており、デジタル化をしようにも普段からITに接することの少ない従業員が多いこともあって、なかなか進まないのだとか。ビジネスとしてホワイトスペースであると同時に、啓発やサポートが必要な業界でもあるといえそうです。

 そんな中、最近の建築・建設では自社でITサービスを始めたり、建築業界出身の起業家がスタートアップを立ち上げたりと、業界内でデジタル化を推進していく活動が盛り上がっています。自らの経験を通して課題や業務内容を把握しているからこそ、業界にフィットしたソリューションが構築できるのだといいます。(銭君毅)

【記事はこちら】
ダンドリワークス 集合住宅向け予約管理システムを建築会社と共同開発 平均業務時間を約1/3まで削減