働き方改革やコロナ禍で、人材の在り方が大きく変わりました。特にコロナ禍ではテレワークが普及し、企業にとって人材管理はますます重要になっています。

 市場の状況について、クラウド型のヒューマンキャピタルマネジメント(HCM)システムなどを展開する米ワークデイ日本法人の正井拓己社長は「非常に変化が激しかった」とし、さらに「新たなうねりが生まれた」と分析しています。

 同社は昨年、顧客がDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進したことで、新規ライセンスの売り上げと成約案件数がともに過去最高となりました。

 正井社長は、「今年は人材管理市場が大きな転換期を迎える」と予想。製品の拡充やパートナーエコシステムの強化を進め、今後の成長を支える礎づくりに注力する方針です。(齋藤秀平)

【記事はこちら】
ワークデイ エグゼクティブ・プレジデント兼日本担当ゼネラルマネージャー日本法人社長正井拓己