企業の研修といえばリアルで実施するのが当たり前でした。しかし、新型コロナウイルスにより、リアルで実施できなくなったため、研修の場はオンラインに移行しています。

 オンラインスクール事業などを手掛けるキラメックスでは法人向けオンライン研修サービス「TechAcademy IT研修」を提供。年々、引き合いが増えており、現在では800社以上に利用されています。他の研修サービスとの差別化を図るため、TechAcademy IT研修では、受講者に専属のメンターが付きマンツーマンでサポートします。この点が利用者から好評を得ているそうです。

 西武バスでは、社内のDX推進を担う人材の育成を目的にTechAcademy IT研修を利用しました。初めて本格的なオンライン研修を行うということで、開始前は不安もあったそうですが、受講した社員のデジタル活用への意識が大きく向上するなど成果が出たとしています。

 プログラミングをはじめとしたITスキル向上を目的としたオンライン研修サービスを提供する企業が増えており、市場は活発化しています。研修サービスは似たような内容になりがちなため、各社がどういった点で差別化を図っていくのか注目していきたいと思います。(岩田晃久)

【記事はこちら】
利用企業が800社を超えるキラメックスのオンライン研修サービス、西武バスはDX人材育成で活用