エレコム(葉田順治社長)の法人営業企画チームは、東北地方太平洋沖地震に伴う3月14日時点での配送・出荷状況を発表した。

 配送は、地震の影響で、各運送会社の北海道・東北・関東地区の一部向け荷物の集荷・配達を見合わせている。また、道路状況によって、他の地域でも一部延着の可能性がある。

 出荷(物流センター状況)は、東日本倉庫(東京)の入出荷機能は3月13日に復旧し、一部出荷を開始した。西日本倉庫(大阪)は影響を受けていない。