その他

ジャストシステム 新体制で業績回復へ

2009/12/03 21:10

週刊BCN 2009年11月30日vol.1311掲載

 大手パッケージソフトメーカーのジャストシステム(福良伴昭社長)の業績が回復しつつある。中間期(2009年4~9月期)は、売上高こそ期首見通しに達しなかったものの、利益は見込みを上回り、赤字幅が縮小した。通期では5期ぶりの黒字を目指す。海外進出に失敗し、昨年度までの4年間で100億円近い純損失を出したジャストシステム。創業者が10月に辞任し、新しい経営体制の下で事業の再構築を急ピッチで進める。しかし、ソフトビジネスは“オンリーワン”にならなければ生き残れない。次の成長戦略が見えない課題は依然として残ったままだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

ジャストシステム、創業者浮川和宣前社長の辞任を発表

ジャストシステム、キーエンスが筆頭株主に、第三者割当増資で

ジャストシステム 法人市場でATOKの需要つかむ ソリューション案件を獲得

ジャストシステム 来期黒字化の見通し 国内回帰で収益優先