情報サービス産業協会(JISA)の浜口友一会長(NTTデータ相談役)が、グローバル化が急速に進む情報サービス業界の将来像を示した。現状の多重下請けモデルは、産業構造の変化に対応できずに崩壊。勝ち残ったSIerは、世界各国の現地法人と設計や開発などの役割を分担しながら、「グループ企業の内部でITライフサイクルを完結できる仕組み」が、主流になると予測する。すでにNTTデータやITホールディングス(ITHD)などの大手SIerは、グローバル補完の構築に着手しており、浜口会長の予測は、日増しに現実味を帯びる。