その他

仮想化、最前線に動きあり 最大手に迫る“ソフトの巨人”

2010/11/04 21:07

週刊BCN 2010年11月01日vol.1356掲載

 マイクロソフト(樋口泰行社長)が、仮想化技術「Hyper-V」の普及に向けて新たな策に打って出る。11月下旬にITベンダー向け販促施策を開始。システムインテグレータ(SIer)やITサービス事業者が仮想システムの構築で「Hyper-V」を採用し、再販しやすい環境をつくる。マイクロソフトは2010年1~6月で、x86サーバー用仮想化ソフトウェアの導入企業数で初めてトップに躍り出た(IDC Japan調べ)。累計ユーザー数では最大手のヴイエムウェアに及ばないものの、後塵を拝していた状況から抜け出した勢いで、一気に攻め込む。(木村剛士)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

マイクロソフト Salesforceに宣戦布告、クラウド型CRMを11月にも日本投入

ソフトバンクBBとマイクロソフト、仮想化事業でタッグ、Hyper-Vの普及推進

知られざる活況マーケット 仮想化の運用ビジネスを探る

IDC Japan、仮想化サーバー市場調査、14年までの年平均成長率は15.9%

マイクロソフト、11年2月に「日本マイクロソフト株式会社」に社名変更へ