マイクロソフト(樋口泰行社長)は、7月6日、2011年2月1日付けで社名を「日本マイクロソフト株式会社」に変更すると発表した。報道関係者向け新年度経営方針説明会で、樋口社長が明らかにした。

 2011年2月1日に設立25周年を迎えることを機に、社名を変更する。樋口社長は、「マイクロソフトはグローバルカンパニーで、グローバルの方針に基づいた経営も当然大切だが、地域に根付いた戦略も大事。その姿勢を示す意味で、『日本』を加えることにした」と説明した。

 すでに発表している東京・品川への本社移転も、11年2月1日に実施する。

25周年記念で活用するロゴ