その他

マイクロソフト Salesforceに宣戦布告、クラウド型CRMを11月にも日本投入

2010/10/28 21:07

週刊BCN 2010年10月25日vol.1355掲載

 マイクロソフト(樋口泰行社長)は、クラウド型CRM(顧客情報管理)「Dynamics CRM Online」のサービスを、早ければ11月中に日本市場へ投入する。同社幹部が本紙の取材に明らかにした。クラウド型CRMで国内最大シェアを誇るセールスフォース・ドットコム(SFDC)との真っ向勝負が始まる。マイクロソフトは、Windows環境との相性や低価格などを売りにする。来年6月までの期間中には、「Dynamics CRM Online」を販売したパートナーの奨励金(インセンティブ)を、通常の18%から40%に引き上げ、一気に市場を獲得し、2~3年以内に新規獲得数でSFDCを凌駕することを目指す。(谷畑良胤)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

マイクロソフト クラウドで競合に対抗意識 毎年恒例のパートナーイベントで

マイクロソフトとソフトバンクBB SMB市場深耕でタッグ

マイクロソフト クラウドで新支援制度 パートナー制度刷新と合わせ10月に

マイクロソフト 恒例の経営方針説明会で樋口社長が力説 全7000社のパートナーをクラウドへ

マイクロソフト、11年2月に「日本マイクロソフト株式会社」に社名変更へ