NEC(遠藤信博社長)は、このほど国内シェア1位の汎用オープン系高可用クラスターリングソフト「CLUSTERPRO」を販売するパートナーを集めたイベント「CLUSTERPRO FORUM 2011」を都内のホテルで開催した。この製品は、今年で誕生15周年を迎え、仮想化やクラウドコンピューティング環境への対応が求められている。イベントでは「仮想化時代の“スマートHA(高可用性)クラスタ”」と題し、同製品の新しいコンセプトを紹介したほか、国内外のパートナーが同製品の利用例などを発表。パートナー100人以上が参加した。(取材・文/谷畑良胤)